生ホルモンを利用して作る博多のもつ鍋屋さんの味を再現
自宅で簡単に生ホルモンを使用したもつ鍋が食べられる


生ホルモンを使ったもつ鍋の作り方の研究結果を報告します。
生ホルモンを使うのでスープは脂分のないあっさりタイプです。
最後の〆はラーメンかちゃんぽん麺がお勧めです。 
材料
スープ(水200ccに対する割合) 
水 200cc
和風だし顆粒 小さじ1
昆布茶の素 小さじ1/4
醤油 大さじ3
みりん 大さじ1
酢 小さじ1/2
日本酒 大さじ1/2
鷹の爪 スープ全体で1本程度
ニンニク 1/2片

材料(2人前)
牛ホルモン(丸腸、シマ腸) 300g
キャベツ 1/2玉
ニラ 1束
もやし 1袋
ちゃんぽん麺(中華麺) 1玉
ごぼう 10cm

作り方
下ごしらえ
キャベツは適当な大きさに、ニラは4cmぐらいにカットしておきます。
ごぼうはささがきしておきます。
鷹の爪は輪切りに、ニンニクはスライスしておきます。
分量に従ってスープを作り沸騰させます。
スープは2人で1200ccぐらいあれば十分でしょう。

作り方
材料をすべて入れてキャベツが柔らかくなれば完成です。
最後にちゃんぽん麺を入れて食べます。
中華麺の場合は、お湯で茹でて皿にとりわけ、もつ鍋のスープをかけるようにします。

研究結果
生ホルモンを利用するため、スープそのものは脂分は一切入りません。
生ホルモンを直接いれることで、脂がでてきます。
キャベツやもやしから水分がでるのでスープはかなり濃いめですが、気になる場合は適時薄めてください。
ちゃんぽん麺が手に入らない場合は、市販の中華麺を別茹でして、もつ鍋のスープをかけるような感じで食べるといいでしょう。
もちろんストックしてあるノンフライのインスタントラーメンを別茹でして利用するのも大丈夫です。