「和」という漢字は日本的なイメージ
国産牛と和牛の違いは? 

国産牛と和牛の違いの研究結果を報告します。
和牛というと「和」という漢字があるので、日本の牛なのでは?と想像してしまいます
それでは国産牛とは何が違うのでしょうか?
和牛とは 

実は和牛とは日本の牛という意味ではありません。
日本に昔からいた牛に外国の牛などを交配した特定の品種の牛のことを指します。
その内訳は黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種で、これが日本にもともといた牛を改良して作られたのですね。
だから和牛は種類を表すため、海外で生産されていても「和牛」である可能性があるわけです。
ただし、今現在は国内業者の自粛や国の指導があるので、外国産の和牛は国内では流通していないようです。
従って、和牛=国産牛というのも事実上は正しいのですが、正確ではないようですね。

国産牛とは

それでは国産牛とは何か?ということですが、これは言葉どおりどんな種類でも国内で育てられていれば国産牛ということになります。
ただし、実は輸入された牛でも、生きたまま日本に運ばれ3ヶ月以上育てば、それで国産牛としてもいいそうです。
実際にはそんなことしても金額的なメリットが少ないので少ないと思いますが、実際には外国産の牛を日本で数ヶ月育てて国産と言っていることもあるということなので注意が必要ですね。

黒毛牛と黒毛和牛の違い

たまに「黒毛牛」などとして販売されている牛肉があります。
「黒毛」と聞くと、ああ和牛だなと勘違いしてしまいますが、実際にはそうでない可能性もあります。
本来の黒毛和牛は、ちゃんと「黒毛和牛」と記述されています。
しかし「黒毛牛」とだけ書かれている場合には、実際には和牛でない可能性があります。
これは、黒毛和牛と他の牛を一代だけ交配させた交雑種で、片方の親が黒毛和牛なので黒毛牛と呼ばれています。
肉質や味は黒毛和牛に近く、他の国産牛より美味しいのですが、厳密にいうと和牛ではありませんので注意が必要ですね。

悲しい牛のお話

和牛以外で販売されている国産牛肉は、実は牛乳を作ってくれるホルスタインのオスの肉がほとんどです。
これはメスからは牛乳が採れるのですが、オスからは牛乳がとれませんので牛肉にされてしまうのですね。
また、メスも交配をしないと牛乳がとれません。
このとき黒毛和牛と交配させると、黒毛和牛の一代交雑種としておいしい牛肉ができるので、そのように交配させているわけですね。

まとめ

まとめるとこんな感じです。

・和牛は種類
・国産牛は産地
・黒毛牛の交雑種は価格もやすく、味も美味しいので、コスパが高い

しゃぶしゃぶなど肉の味が大事なときは和牛。
すき焼きや焼き肉など濃い味で味付けをしてしまう場合は和牛の交雑種。
炒め物や肉じゃがに使うなら普通の国産牛肉。
などと場合によって使い分けると、おいしさとコストの兼ね合いでいいと思います。