卵一個でとってもおいしい丼ができる
節約にも、お酒を飲んだ後の〆にも 


目玉焼き丼の研究結果を報告します。
卵一個でとってもおいしい丼ご飯が出来上がります。
時間が無いとき、節約したいとき、手軽に作ることができます。
卵かけご飯の応用的な料理です。 
材料
卵 1個
当研究所のうどん醤油(または醤油) 適量
刻み海苔(無くてもいい) 適量
鰹節(無くてもいい) 適量
バター(無くてもいい) 一かけ

作り方
作り方
当研究所の目玉焼きの作り方
で、目玉焼きを作ります。
ご飯を丼に入れたら、電子レンジで加熱して熱々の状態にしておきます。
ご飯に刻み海苔をのせたら、目玉焼きを乗せ、さらに鰹節をかけ、バターをのせます。
味付けは当研究所のうどん醤油を使用します。

料理のコツ
ご飯をとにかくあつあつの状態にしておくことがポイントです。
食べる時には、おもいっきりよくかき混ぜて、適量のうどん醤油をかけて食べます。
うどん醤油は甘いので、甘いのが苦手な人は普通の醤油でも大丈夫です。
多少、白身の部分が生でも卵かけご飯のように食べられますので、お好きな状態の目玉焼きを使用してください。
バターは無くても構いません。好みで入れてください。

研究結果
卵一個でとっても美味しい丼料理ができます。
卵かけご飯は、白身が生なので苦手という人も美味しく食べることができます。
白身が固まっているぶん、黄味の味を濃厚に楽しめることができます。
トッピングのバター、鰹節、海苔が風味を引き立てます。