自宅で簡単にできる、そこそこ本格的なきつねうどんの作り方
手作りのジューシーお揚げで、簡単に関西風のきつねうどんができる


きつねうどんの作り方の研究結果を報告します。
自宅ではインスタント等で簡単にうどんを食べている人も多いと思います。
ちょっとした一手間で、より本格的なうどんができます。
子供がいる昼食でまとめて作る時などに便利です。 
材料(1人前)
冷凍うどん 1玉 (生うどん、ゆでうどん、ノンフライのインスタントうどん、乾麺うどんなどでも)
当研究所の基本のだし 500cc
当研究所のおあげ 1/2枚
かまぼこ 2切れ
乾燥わかめ 一つまみ
ネギ 適量
七味 適量

作り方
下ごしらえ
乾燥わかめはお湯で戻しておきます。
かまぼこをカットし、ネギはみじん切りにしておきます。

作り方
うどんを茹でるためのお湯を沸かします。
基本のだしを作ります。
うどんを茹でるためのお湯が沸騰したら、うどんを入れ茹でます。
ゆで上がったら、丼に盛り、基本のだしをかけます。
おあげ、かまぼこ、乾燥わかめ、ネギをトッピングしたら完成です。

料理のコツ
冷凍うどん、茹でうどんは、だしにそのまま入れても大丈夫です。
乾麺、インスタント、生うどんは、それらを茹でてる間に、基本のだしを作る感じで作ります。
一口目は薄いかな?ぐらいで十分です。食べている間にだんだん塩辛く感じるようになります。

研究結果

当研究所の基本のだし、おあげをのせるだけで本格的に関西風のきつねうどんが簡単にできます。
好みで天かすなどを入れても美味しいです。