きつねうどん、きつねそば、おいなりさん用のお揚げの作り方
市販の油揚げから、ふわふわジューシーなお揚げを作る


おあげの作り方の研究結果を報告します。
油揚げを購入しても賞味期限が短いので、捨ててしまうことも多いと思います。
そんなときには煮てしまえば、さらに数日は長持ちするので様々に利用できます。
またきつねうどんやおいなりさん用にわざわざ購入せずとも、自分で作れば安上がりです。 
材料(油揚げ2枚あたり)
油揚げ 2枚
水 200cc
砂糖 小さじ2
濃い口醤油 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
鰹だし 小さじ1

作り方
下ごしらえ
油揚げをザルや皿にのせ、お湯をかけ油抜きをします。 

作り方
水を入れ沸騰させたら、酒、鰹だし、砂糖、油揚げを入れて2分ほど軽く煮立たせます。
次に、醤油、みりんを入れて、あれば落としぶたをして、5分ほどやや強い弱火で煮ます。
そのまま冷ませば完成です。

関連料理
出汁の素の種類 液体 顆粒 半練りタイプの使い分け

料理のコツ

油抜きは、現在普通に販売している油揚げでは必要ありません。
ですが、いかにも古い油を使っているような色をしていたり、袋にギトギトの油が付着している場合は、下ごしらえで油抜きをしてください。
このレシピのままですと、比較的甘めですので、砂糖と醤油の量で味付けは調整してください。
油揚げはかなり水を吸うので、水200ccで標準的なサイズの油揚げ2枚がぎりぎりの分量です。
先に、砂糖、酒で煮るのは、「さしすせそ」を実践しているためです。

研究結果
賞味期限が切れやすい油揚げを煮ることによって、さらに長持ちさせることができます。
うどんなどの具として利用すれば消費がしやすいです。
おあげを購入しなくても安く作れるのでおすすめです。