スーパーのお刺身の切り落としも簡単にさらに美味しく
食べ残しのお刺身も翌日に美味しく食べられる


お刺身のづけの研究結果を報告します。
スーパーで安く売っている魚の切り落としも一手間でさらに美味しくなります。
食べ残しのお刺身もづけにすれば翌日も食べられます。 
材料
お刺身 適量
当研究所の刺身醤油 適量
大根おろし 適量
万能ネギ 適量
チューブわさび 適量

目安
お刺身 1パック(約150g)
当研究所の刺身醤油 大さじ2~3
大根おろし 厚さ2cmぶん
万能ネギ 2~3本ぶん
チューブわさび 3cm

作り方
作り方
ネギをみじんぎりし、大根おろし以外の調味料を良く混ぜます。
食べる1時間前~直前に大根おろしを入れて軽くまぜます。
味見をして、味が足りないようなら刺身醤油を追加していきます。

関連料理
当ブログの刺身醤油

料理のコツ

お刺身が適量なので、他の材料もすべて適量です。
食べ残しを翌日に食べる場合は、づけの状態で保存します。
翌日に食べる目的の場合は、大根おろしは後から入れたほうが美味しいです。

研究結果
刺身醤油を作ってあると簡単にでき、すぐに食べることもできます。
お刺身は何でも構いません。エビ、イカ、マグロ、白身魚などなんでもokです。
食べ残したお刺身も翌日に食べられるので無駄になりません。
ただし確実に食べられるという保証はないので十分に注意してください。
鰹などの場合はおろしショウガも美味しいです。
寿司飯やご飯の上に乗せると簡単に海鮮づけ丼が作れるのでおすすめです。
好みで刻み海苔、すりごまなどを入れても美味しいです。
脂の少ない上り鰹などではごま油を入れても美味しいです。