ちょっと贅沢に羊のラムチョップで作る簡単ステーキ
贅沢でも簡単な手順で臭みなく美味しくできる

ラムチョップステーキの作り方の研究結果です。
たまにスーパーなどで販売されているラムチョップステーキの焼き方です。
材料さえあれば簡単にお店のようなものを作ることができます。 
材料(2人前)
羊のラムチョップステーキ用 4本
オリーブオイル 大さじ1
乾燥ハーブミックス(乾燥バジル、乾燥タイムなどでも)  適量
胡椒 適量
オールスパイス 適量
塩 適量
ニンニクパウダー 適量 

作り方
下準備
骨が何本もついたブロック肉の場合は、骨が1本ずつになるよう切り離します。
焼く15分ほど前に冷蔵庫から取り出し、オリーブオイルと乾燥ハーブミックスをよく揉み込みます。

作り方
フライパンでラムチョップの表面を焼きます。
羊の肉は脂の部分に臭みがありますので、肉を立てて脂身の部分をまず加熱します。
十分に加熱したら、肉の両面に焦げ目を付けるようにします。 
その間にガスコンロのグリルを余熱しておきます。 
いったんフライパンから取り出したら、肉の両面に胡椒、オールスパイス、塩、ガーリックパウダーを振ります。
鉄製の皿などにのせ、グリルで4~5分加熱して完成です。

料理のコツ
最初にオリーブオイルと乾燥ハーブで下味を付けておくことと、脂身を良く焼くことがポイントです。
フライパンで焼き続けると肉が固くなりますが、グリルで焼くと柔らかくできます。
コンロにグリルがない場合は、オーブントースターやオーブンなどでも代用できます。
このとき、ラムチョップからは脂がすごく落ちるので、鉄皿などに乗せるなどしましょう。
最悪、オーブントースターのヒーターが割れる可能性があります。
鉄皿はパイ皿として100円ショップなどで購入できます。

研究結果
ラムチョップステーキは、脂の部分に臭みがあるので脂身の部分を加熱すると美味しくなります。
肉もどうしても多少の臭みがありますので、ハーブ、ガーリックパウダー、オールスパイスなどを利用します。
スパイス類は炒めていると落ちたり焦げたりするので、グリルに入れる前に振ります。
グリルで加熱することで、柔らかく仕上げることができます。
ポイントはハーブの使い方で、乾燥ハーブは香草の独特な風味がありますので臭み消しにいいです。
オールスパイスは甘みのある胡椒のような感じで、洋食に良く合います。
ニンニクをパウダーを使うと風味が違って美味しいので、これもお勧めです。