本場の博多の水炊き屋さんのような水炊きができる
少しの手間で本格派の鶏の水炊きが自宅で簡単に


本格水炊きの作り方の研究結果を報告します。
本場の博多の水炊き屋さんに近いスープを再現した水炊きです。
鶏肉と野菜でヘルシーです。
材料(2人前)
手羽先 4~6本
鶏もも肉 1枚
キャベツ 適量
キノコ(しいたけ、しめじ、えのき等) 適量
白ネギ 適量
にんじん 適量
豆腐 適量
ポン酢 適量
薬味(ネギ、ゆず胡椒、七味、もみじおろし等) 適量

スープの材料
水 1400cc
日本酒 100cc
だし昆布 10cm
白ネギの青いところ 1本分
しょうが 1片
ニンニク 2片

作り方 
下ごしらえ
鶏もも肉は一口サイズにカットしておきます。
キャベツはざく切りに、キノコはいしづきをとり適当に裂いておきます。
にんじん、ネギは斜め切りにし、豆腐も適当なサイズにカットします。
ニンニク、ショウガは包丁で叩いてつぶしておきます。

スープの作り方 
鍋に水をはり、スープの材料と手羽先、もも肉を入れ、強火で沸騰させます。
鶏肉の臭いを出すため蓋はしません。
灰汁が浮いてくるので、こまめに取ります。
沸騰したら5分ほどそのまま沸騰させ続けます。 
5分経過したら、蓋をして新聞紙、バスタオルでくるんで保温し30分放置します。
30分経過したら、再び沸騰させ、また新聞紙、バスタオルにくるんで30分放置します。
これを最低2回(合計放置時間で1時間)、可能なら最低3回(1時間30分)行います。
水が少なくなったら適時、追加していきます。
ニンニク、ショウガ、ネギ、昆布を取り除いて、スープが完成です。

作り方
スープに野菜を入れ、煮立てば完成です。
ポン酢と好きな薬味を入れて食べます。
最後の〆はうどん、ラーメン、雑炊も美味しいです。
ポン酢で食べてもいいですし、スープに醤油や塩を入れて味付けしてもいいでしょう。
雑炊は塩がお勧めです。

関連料理
鍋の〆の雑炊の作り方

料理のコツ
お昼ぐらいから作り始め、思い出したときに再沸騰→30分放置をすると、夕方にはスープが出来ています。

研究結果
手羽先を利用することで、鶏ガラでスープを取ったような水炊きスープができます。
同時に手羽先の肉も食べられるので、価格も安くお勧めです。
ずっと煮込まなくても、新聞紙とバスタオルを使用して保温調理できるので簡単です。
一般的には白菜が多いと思いますが、白菜は水分が多いので、キャベツがお勧めです。