和風だしベースのあっさりもつ鍋
野菜がたくさん食べられ最後の〆が美味しい

和風もつ鍋の作り方の研究結果を報告します。
こってりもつ鍋ではなく和風だしのあっさりしたもつ鍋です。
最後はラーメンで食べるのがお勧めです。 
材料(2人前)
当研究所の基本のだし 1400cc
もつ(豚ホルモン、牛ホルモン、生でもボイルでも) 300g
キャベツ 1/4個
もやし 1袋
ニラ 1束
その他野菜(にんじん、たまねぎなど) 適量
ニンニク 3片
鷹の爪 1本
中華麺(ご飯でも) 一袋

作り方
下ごしらえ
ホルモンが生の場合には、下ゆでして脂を落としておきます。
下ゆでしたホルモンを、基本のだし、スライスしたニンニク、輪切りにした鷹の爪に入れ、柔らかくなるまで煮てスープを作ります。
煮詰まらないように適時、差し水をして、弱火で30分ほど煮ます。
キャベツは適当なサイズにカットし、ニラは5cmぐらいに切っておきます。

作り方
スープに、キャベツ、ニラ、もやしなどを入れ、煮立てば完成です。
好みで、ごま、七味などをかけてたべると美味しいです。
〆に中華麺を別のお湯で茹で、器にとりわけ、もつ鍋のスープをかけるとラーメンのできあがりです。

料理のコツ
生ホルモンの場合は下ゆですると臭みも脂も抜けてあっさり食べられます。

研究結果
もつ鍋というとこってりした鍋が多いですが、これは和風だしであっさりと食べられます。
最後はラーメンや雑炊で食べると最高に美味しいです。